走行ライン

ある有名なレーサーが、ダブルクラッチを使うのは1年に1回だけと言っていた。それはルマン別時間レースのことで、さすがのレーシングマシンも鯉時間もの間、超ハイスピードで走っていると、トランスミッションが壊れてしまうのだろう。皆さんの場合には、長くても1時間しかサーキットを走らないわけだから、シンクロにまかせておいても大丈夫だ。コーナリング中に注意するのは、正しい走行ラインを走るということ。正しいラインを走っていなければ、ある一定以上のタイムアップは絶対に望めない。いくら遅くてもいいから、走行ラインを守り、必ずクリッピングポイントを通過してほしい。このようにすることによって、どういうラインを通ればよいのかが、だんだんわかってくるはずだ。また、コーナーを立ち上がろうとするとき、加速に移る前に空走区間(ブレーキもアクセルも操作しない区間)ができるのがいい。もし、ブレーキング終了と同時にアクセルを踏むことができるとすると、それはスピードを落としすぎてコーナリングしていることになる。もっとクルマの限界は高いところにあるのを知ってほしい。コーナー立ち上がり時にカウンターステァを軽く当てられたら、最高のコーナリングだ。これ以上のスピードでコーナリングすると、リアがドリフトし始め、タイム的には遅くなる。そして、次のコーナーの入り口まではアクセル全開でいかなくてはいけない。もし、途中でアクセルを緩めなくてはならなくなったら、それは正しくない走行ラインを走っている証拠だ。乗っていない車は、中古車 高く売る ←こちらを見てから売りましょう。

DY044_L

スピード感覚

サーキットは危険な場所だと思われているが、それは大間違い。一般道路でスピンしたら絶対にクラッシュはまぬがれないが、サーキットならそんな心配はない。走り出したら、まず、自分が今どのくらいのスピードで走っているのかを体で覚えましょう。サーキットは周囲に木もなければ建物もないため、スピード感覚が麻痺しやすいのだ。このままでコーナリングできるハズだと思っても、実際のスピードは自分が考えていた2倍以上だった、なんていうことだってある。サーキット独特のスピード感覚を植えつけよう。次に、ブレーキング。ブレーキはとにかくガッンと蹴飛ばすように踏む。普段のように、ブレーキをかけているかどうかわからないなんていうのはダメ。メリハリをつける。ただし、このように踏んでも、もちろんロックさせてはいけない。そのロック寸前のポイントを知るのだ。このようなブレーキングをしないと、サーキットでは速く走れない。いかにブレーキングポイントをコーナーに近づけるかが、速く走るカギなのだ。プレーキングをしながら、トウ&トウ(負けないワインディングテクの項参照)を使ってシフトダウンしていくことも、忘れてはならないテクニックのひとつだ。ただし、このときにダプルクラッチは使わなくてもよい。もし、使うとしても半クラッチ以上には足を持ち上げる必要はありません。中古車を買ってほしいなら、←こちらをまず、ご覧ください。

DY041_L

完成度の高い車

しかし、そういった市販車が足元にも及ばないのが、エンジンレスポンスとブレーキの性能。エンジンは、あまりにもレスポンスがよすぎて、かなり素早くシフトアップしてやらなくてはうまく回転が合わないほど。そしてコーナリング中にほんの1mでもアクセルの上の足を動かすと、エンジンはその1mぶんきっちりと反応してくれるのだ。ブレーキはとても重い。しかし、踏み込めば踏み込むほどよく効いてくれるし、ノーマルでも素晴らしいM3のブレーキの2倍以上のえる感じだ。もちろん、コントロールもしやすい。コーナリング性能も、もちろん市販車とは比べものにならないほど高い。そして、ドリフトしながらコーナリングすることもたやすい。とにかくコントロールしやすい車なのだ。このように完成度の高い車でサーキットを走るのはとにかく楽しい。しかも、安全だ。それは、このクルマがサーキットを走るためだけに作られたからだ。では、もし皆さんが自分のクルマでサーキットを走るときにはどのような点に注意しなくてはならないのか?まず、走行前にクルマの点検は念入りにしてほしい。ぼくがこのM3に試乗したときも、わずかn分足らずの走行だというのにメカニックが5人もついてきてくれた。スピードが一般道路からは比べものにならないほど高いサーキットではほんのわずかなトラブルでも命にかかわる。だから、ファンベルト、オイル、タイヤなどの点検は欠かせない。愛車を高く買って欲しい?それなら、まずは、→こちらをご覧ください。

DY024_L

ハードブレーキング

非日常的なスピードが体験できるサーキットを走るポイントはハードブレーキングだ。さて、ここではBMWの誇るグループAマシン、M3レーシングのドライビングインプレッションとともに、サーキット走行時に欠かせないテクニックを解説しょ澆乃そもそもM3というクルマは、BMWがグループAレースに出るために作ったクルマなのだ。だから、レーシング仕様とはいっても、さほどの改造はなされていない。もちろん、足まわりはレース仕稼のものに交換されているし、ブレーキも強化されている。また、エンジンパワーだってノーマルの195馬力から330馬力にまでアップされている。コーナリンク性能の高さは筆舌に尽くしがたい。しかも、単にスピードが高いだけではなく、コントロールする楽しさもある。ただし、パワーだけならスカイラインGT・Rの方があるかも知れないこのように完成度の高いクルマでサーキットならないほど高い。そして、ドリフトしながらコーナリングすることもたやすい。とにかくコントロールしやすいクルマなのだ。走り出してまず感じたのは、とにかく乗りやすいということ。エンジンのパワーバンドは6000回転から8000回転(レース時には8800回転まで使用される)までの2000回転だから、もちろん発進は難しい。しかし、加速やコーナリング時のスリルというか恐怖感というのがまったくないのだ。どちらかといえば、スカイラインGT-Rなどの方が速く感じてしまうほど。車を高く売りたい?それなら←まずはこちらがオススメです!

DY151_L

ホイールスピン

登坂時のアクセルワークにも注意が必要だ。普段は車速が落ちてきたらアクセルを開けてキックダウンし、パワーをかけるわけだが、雪道でこのようにするとホイールスピンし出し、最終的にはスタックしてしまう。とにかくゆっくりとアクセルを踏む。踏むというよりは乗っけるだけといった方がよいかも知れない。クリープまで回転が下がってもクルマが前へ進まなくなってしまったら、いさぎよく下まで下りよう。そこからの再スタートは誰かに押してもらわなくては不可能だ。坂の手前の平坦な道で、コントロールできる程度までスピードを上げて、その勢いを使って上がるようにする。また、プレーキング時には、止まる前にセレクターをNレンジにするのがよい。前進レンジのまま減速していくと、クリープが邪魔をしてどうしても制動距離が長くなり、そのぷんブレーキを強くかけがちになるからだ。一最後に、ヘッドライトのところでも述べたが、雨、雪、霧などで前方視界がき米わめて悪くなったときには、リァフォグランプをつけよう。これは、自分の位置を後続車に確認させるためだ。これさえつけておけば、深い霧の中を走っていても、後続車に追突される危険はかなり少なくなる。くれぐれもいっておくが、このリアフオグはこのような時だけ使用すること。普段点灯されると、非常にまぶしいのだ。最近、一般のドライバーでもサーキットを走れる機会が増えてきた。一般公道とは鞍べものにならないほどのスピードが出せるサーキットで使用されるテクニックには、普段とはちょっと違ったものも要求される。中古車の世界を知りたいなら→こちらがオススメです。

DY142_L

タイヤにかかる荷重

BMWのオンポードコンピュータは、外気温が3℃以下になったら、チャイムとともにそれを優先表示するようになっているが、これは路面凍結に注意せよ、ということなのだ。走行中に路面がどのような状況になっているかは、ステアリングの手ごたえからある程度わかる。いつもよりステアリングが軽くなったら、それは路面の〃が低下、すなわち凍結しているということになる。また、雪道を走るとき、特に発進時にはトランスミッションの使い方にも工夫しなくてはいけない。もし、あなたのクルマがEHトランスミッション搭載車だったら、プログラムをマニュアルにして、3速あるいは2速を使用して発進すると、かなり滑りやすい路面でもスタックすることはない。EHトランスミッションでなかったら、とにかくアクセルワークをゆっくりやろう。クリープで走り始めるくらいの心づもりでもいい。マニュアルトランスミッション車だったら、1速は使わない。必ず2速発進をしてほしい。もし、それでもホイールスピンしてしまうようだったら、サイドプレーキを少しかけながら発進してみよう。これでホィールスピンはかなり減るハズだ。トランクに重い荷物を積むのもいい手だ。これは、タイヤにかかる荷重が大きければ大きいほど、グリップカが増し、駆動力がアップするからだ。ホイールハウスの中につまった雷はこまめに取ってやる。そうしないと、ステアリングが切れなくなることもあるのだ。その他、車情報は、←こちらからどうぞ。

DY109_L

スタッドレスタイヤ

最近ではスキー場でもBMWをよく見かけるようになった。雪道を走る場合に注意しなくてはいけないポイントもお教えしておこう。まず、最初にいっておきたいのは、冬になったらスタッドレスタイヤを履いてもらいたいということだ。最近のスタッドレスタイヤの性能向上は著しく、高速走行から凍結路面まで満足できるグリップを維持するようになった。しかし、基本的にコンパウンドの柔らかさが命ともいうべきスタッドレスタィヤの寿命はあまり長くない。これは、走行距離のことのみを指すのではない。使わずに1年放置しておいても、鋤%ほど性能は低下してしまうのだ。だから、スタッドレスタイヤはワンシーズンで使い切ってほしい。クルマに履きっぱなしにしておけば、突然雪が降ってきても安全に走行できるし、寒い外でチェーンを巻く必要もない。タイヤに命を預けていると考えれば、ワンシ-ズンごとのタイヤ購入費も高いものではないと思うのだが……。クルマを運転していて雪以上に債掻度の高いのは、路面が凍結した場合だ。BMWの場合、325i以上には外気温計が取り付けられているが、この外気温計が3℃以下を表示したら、路面が凍結している可能性あり、と考えた方がよいだろう。0℃に近いときはスパイクタイャの方が高い性能を持っているが、まもなく全面使用禁止になる。特に、北側の斜面切り通し、橋の上などは充分に注意しなくてはならない。車の売買をお考えなら→まずはこちらからどうぞ。

DY119_L

ハイドロプレーニング現象

どの程度のスピードを出していると、ハイドロプレーニング現象が起きてしまうかは、その水たまりの水深やタイヤの減り方によって一概にはいえない。しかし、あるタイヤメーカーのテストコースで実験したときは、わずか水深6皿卯、/hでもクルマの進路は大幅に乱れた。また、同じ条件でスピードをわずか加帥/h上げると、その進路の乱れは、ぼくでもコントロールするのに苦労するほどのものとなった。5分山のタイヤで走行したところ、卯師/hでも+別、/hと同じ進路の乱れがあったことも付け加えておこう。つまり、このような悪条件下の高速道路を雨天に走行するときには、あまりスピードを出してはいけないということだ。そして、あまり面白がって水たまりを走ってもいけない。その危険度は、皆さんが考えているよりもはるかに高い、とい妄うこともいっておきたい。では、もしハイドロプレーニング現象が起きてしまったらどうすればよいのか?まず、アクセルを少しだけ緩める。そして、自分の行きたい方向へステアリングを少しだけ切っておく。このままで水たまりの終わるのを我慢するのだ。自分では永遠に続くように感じられるハイドロプレーニング現象だが、実際には数秒間のことでしかない。このときに、びっくりしてブレーキを踏んだり、クルマがななめになってしまったからといって、ステアリングを大きく切ったりすると、タイヤのグリップが回復したときにスピンしてしまうので注意したい。中古車を買ってほしいなら、←こちらをまず、ご覧ください。

DY116_L

雨や雪の日の運転

雨や雪が降っているときは、運転がしづらい。視界が悪くなるし、タイヤのグリッブカも低下してしまうからだ。しかし、あまりそんなことに注意を払わずにクルマを運転しているドライバーが多い。危険なのに。ハイドロプレーニング現象は数秒でおきまってしうから、過度な反応はしないこと。雨が降ったら絶対クルマに乗らないという人がいる。ほとんどの場合、雨が怖いわけではなく、クルマが汚れるのがいやなのだろう。しかし、そんなことをいっていられないときだってある。そういう人は特に雨の日の運転には注意してほしい。この章では、雨や雪が降ったときのドラテクをお教えする。まず、雨の日に最も注意しなくてはならないのが、ハイドロプレーニング現象(アクアプレーニングともいう)だ。皆さんも名前だけは教習所などで聞いたことがあると思う。しかし、実際にどういうものかを知っている人は少ないのではないだろうか。最近の高速道路は、交通量の増加にLも通って深い轍(わだち) ができている。車線変更などをすると、ステアリングが勝手に動いてしまうこともあるくらいだ。このように轍の深い道路に雨が降ると水たまりになってしまう。この水たまりの中を走ると、路面とタイヤの間に水の膜ができて、グリップを失ってしまうのだ。つまり、走行中にいきなりオイルの上に乗ってしまうのと同じこと。もちろん、ステアリングもブレーキも効かなくなる。特に、雨の降り始めは路面のゴミなどが溶けるため、滑りやすくなるので注意を。車を売ってお金を手に入れたいなら、←まずはここへ!

DY132_L

コーナリング

では、最後にニュートラルステアでコーナリングするにはどうすればよいのかを、順序だてて解説していこう。①まず、コーナー前の直線部分で必ずブレーキングは終了させく含-ナリングを開始してからプレーキングすると、横方向のツプが不足してしまうからだ。もちろん、タイムアップのためブレーキングの距離は短ければ短いほどよい)。②そして、コーの目標クリッピングポィントを見る(常に自分の行きたい方向を見るのIだ。これはオートバイだって同じだ)。③フロントタイャがグリップを失わないようにステアリングを慎重に、そして正確に切る。軽くなり始めたら限界だ。④クルマがクリッピングポイントに近づいたら、今度はコーナーの出口を見る。⑤アクセルをゆっくりと踏み込む。この踏み方の加一のときに使用するのが、上‐ル&トウというテクニックだ.しかし、本当は減は、軽いスキール音(タイヤの発するキーッという音を持続させるつもりで踏めばよい。あまりガバッと踏むとリアタイヤがグリップを失ってしまうから、慎重に)。ヒール&トウではない。ト(米) ウ&トウが正しい。ブレーキペダルとアクセルペダルを一度につま先で踏んでしまうのだ。この方がアクセルやブレーキの微妙なコントロールがしやすい。例えば、ポルシェ911などはヒール&トウができないといわれているが、トウ&トウならできる。愛車を高く買って欲しい?それなら、まずは、→こちらをご覧ください。

DY122_L