スピード感覚

サーキットは危険な場所だと思われているが、それは大間違い。一般道路でスピンしたら絶対にクラッシュはまぬがれないが、サーキットならそんな心配はない。走り出したら、まず、自分が今どのくらいのスピードで走っているのかを体で覚えましょう。サーキットは周囲に木もなければ建物もないため、スピード感覚が麻痺しやすいのだ。このままでコーナリングできるハズだと思っても、実際のスピードは自分が考えていた2倍以上だった、なんていうことだってある。サーキット独特のスピード感覚を植えつけよう。次に、ブレーキング。ブレーキはとにかくガッンと蹴飛ばすように踏む。普段のように、ブレーキをかけているかどうかわからないなんていうのはダメ。メリハリをつける。ただし、このように踏んでも、もちろんロックさせてはいけない。そのロック寸前のポイントを知るのだ。このようなブレーキングをしないと、サーキットでは速く走れない。いかにブレーキングポイントをコーナーに近づけるかが、速く走るカギなのだ。プレーキングをしながら、トウ&トウ(負けないワインディングテクの項参照)を使ってシフトダウンしていくことも、忘れてはならないテクニックのひとつだ。ただし、このときにダプルクラッチは使わなくてもよい。もし、使うとしても半クラッチ以上には足を持ち上げる必要はありません。中古車を買ってほしいなら、←こちらをまず、ご覧ください。

DY041_L

Comments are closed.