完成度の高い車

しかし、そういった市販車が足元にも及ばないのが、エンジンレスポンスとブレーキの性能。エンジンは、あまりにもレスポンスがよすぎて、かなり素早くシフトアップしてやらなくてはうまく回転が合わないほど。そしてコーナリング中にほんの1mでもアクセルの上の足を動かすと、エンジンはその1mぶんきっちりと反応してくれるのだ。ブレーキはとても重い。しかし、踏み込めば踏み込むほどよく効いてくれるし、ノーマルでも素晴らしいM3のブレーキの2倍以上のえる感じだ。もちろん、コントロールもしやすい。コーナリング性能も、もちろん市販車とは比べものにならないほど高い。そして、ドリフトしながらコーナリングすることもたやすい。とにかくコントロールしやすい車なのだ。このように完成度の高い車でサーキットを走るのはとにかく楽しい。しかも、安全だ。それは、このクルマがサーキットを走るためだけに作られたからだ。では、もし皆さんが自分のクルマでサーキットを走るときにはどのような点に注意しなくてはならないのか?まず、走行前にクルマの点検は念入りにしてほしい。ぼくがこのM3に試乗したときも、わずかn分足らずの走行だというのにメカニックが5人もついてきてくれた。スピードが一般道路からは比べものにならないほど高いサーキットではほんのわずかなトラブルでも命にかかわる。だから、ファンベルト、オイル、タイヤなどの点検は欠かせない。愛車を高く買って欲しい?それなら、まずは、→こちらをご覧ください。

DY024_L

Comments are closed.