ハイドロプレーニング現象

どの程度のスピードを出していると、ハイドロプレーニング現象が起きてしまうかは、その水たまりの水深やタイヤの減り方によって一概にはいえない。しかし、あるタイヤメーカーのテストコースで実験したときは、わずか水深6皿卯、/hでもクルマの進路は大幅に乱れた。また、同じ条件でスピードをわずか加帥/h上げると、その進路の乱れは、ぼくでもコントロールするのに苦労するほどのものとなった。5分山のタイヤで走行したところ、卯師/hでも+別、/hと同じ進路の乱れがあったことも付け加えておこう。つまり、このような悪条件下の高速道路を雨天に走行するときには、あまりスピードを出してはいけないということだ。そして、あまり面白がって水たまりを走ってもいけない。その危険度は、皆さんが考えているよりもはるかに高い、とい妄うこともいっておきたい。では、もしハイドロプレーニング現象が起きてしまったらどうすればよいのか?まず、アクセルを少しだけ緩める。そして、自分の行きたい方向へステアリングを少しだけ切っておく。このままで水たまりの終わるのを我慢するのだ。自分では永遠に続くように感じられるハイドロプレーニング現象だが、実際には数秒間のことでしかない。このときに、びっくりしてブレーキを踏んだり、クルマがななめになってしまったからといって、ステアリングを大きく切ったりすると、タイヤのグリップが回復したときにスピンしてしまうので注意したい。中古車を買ってほしいなら、←こちらをまず、ご覧ください。

DY116_L

Comments are closed.