雨や雪の日の運転

雨や雪が降っているときは、運転がしづらい。視界が悪くなるし、タイヤのグリッブカも低下してしまうからだ。しかし、あまりそんなことに注意を払わずにクルマを運転しているドライバーが多い。危険なのに。ハイドロプレーニング現象は数秒でおきまってしうから、過度な反応はしないこと。雨が降ったら絶対クルマに乗らないという人がいる。ほとんどの場合、雨が怖いわけではなく、クルマが汚れるのがいやなのだろう。しかし、そんなことをいっていられないときだってある。そういう人は特に雨の日の運転には注意してほしい。この章では、雨や雪が降ったときのドラテクをお教えする。まず、雨の日に最も注意しなくてはならないのが、ハイドロプレーニング現象(アクアプレーニングともいう)だ。皆さんも名前だけは教習所などで聞いたことがあると思う。しかし、実際にどういうものかを知っている人は少ないのではないだろうか。最近の高速道路は、交通量の増加にLも通って深い轍(わだち) ができている。車線変更などをすると、ステアリングが勝手に動いてしまうこともあるくらいだ。このように轍の深い道路に雨が降ると水たまりになってしまう。この水たまりの中を走ると、路面とタイヤの間に水の膜ができて、グリップを失ってしまうのだ。つまり、走行中にいきなりオイルの上に乗ってしまうのと同じこと。もちろん、ステアリングもブレーキも効かなくなる。特に、雨の降り始めは路面のゴミなどが溶けるため、滑りやすくなるので注意を。車を売ってお金を手に入れたいなら、←まずはここへ!

DY132_L

Comments are closed.